働く場所を選ぶ程度の能力

札幌近郊の田舎住み リモートワーク、田舎暮らし、農業、世界史、ポケモンが好き

「タネが危ない」著野口勲 書評 & 家庭菜園するなら固定種を栽培するべき

bookmeter.com nextwisdom.org

主に固定種とF1種と家庭菜園について思ったことを書いてみた。
はじめに固定種とF1種の違いを整理。

固定種/在来種(伝統野菜)

何世代も野菜の種を取って育てるを繰り返し、野菜の種の個性(甘い、丈夫など)を高めていった品種
人もみんな性格や見た目が違うように、野菜も種によって個性がある。
その個性を何世代も受け継がせることで、自然に個性の度合いを高めていくのである。
※伝統野菜は固定種に属する野菜。特定の地域で長く栽培されてきたものを指す
 例)桜島大根、賀茂なす、九条ネギ、みずな野沢菜、仙台長ナス等
   仙台長ナスは、もともと熱帯原産の晩生種のナスが東北の冷涼な気候に適応し早生種に変化した。さらに漬物文化の東北の食文化に合うよう柔らかい種類のものが選抜され固定された。

F1種

固定種同士を掛け合わせて、味が良い、形が良い、均一・収穫用が多くなるなどの人間にとって都合のいい良い形質を遺伝させて作った品種のこと。
親同士をかけあわせると雑種共勢という現象が働く。
雑種共勢により収穫量、耐病性などの面で、親よりも優れた品種が生まれる。これを雑種第1代、略してF1種と呼ぶ。

例)甘いトマトと、病気に強いトマトを掛け合わせて、「甘くて病気に強いトマト」を作る。

スーパーで売っている野菜がみんな同じ形なのは、F1種の種から育てられているから。
昔は固定種が主流だったが、今はF1種が主流。(その過程で多くの固定種の種が失われてしまった。)
F1種のおかげで、味がよく、形の整った野菜を安定供給することができるようになった。(固定種と比べると味に劣ることもあるが・・・)

欠点
F1種のメリットである、形が均一・収穫量が多いなどの形質は一代限りで次の世代には発現しない。
つまり、F1種の種から育てた野菜から取れた種を植えると、形がバラバラ・育ちが悪いものばかりが生まれてしまうことになる。
F1種を育てたい場合、農家は種苗会社から毎年種を買わなければいけないのだ。


家庭菜園するなら固定種を栽培するべき(持論)

本書では固定種とF1種の違いについて非常に詳しく解説されていた。
長年の疑問もいくつか解けた。

去年ゴールドラッシュというトウモロコシを育てたのだが、同じ日に14株植えたのたらすべて同じ日に収穫期を迎えた。
(おかげで消費するのが非常に大変だった思い出・・・)
あれはF1種のトウモロコシだったからだろう。
F1種は生育環境が等しければ、同じ日に芽を出し、同じ速度で成長をし、同じ時期に収穫期を迎える。
everwell.hatenablog.com

逆にテレビでたまに出てくる自給自足生活している人が、畑に行って野菜を収穫しているのを見ると、「なんでちょうどよく収穫期を迎えた野菜があるんだ?種まきの時期をずらしていたからか?」とよく疑問に思ったものだった。
確かに、種まきの時期をずらせばいくらか収穫期をずらすことは可能だ。

もう一つ考えられるのは、F1種ではなく固定種を栽培していたからではなかろうか。
同じ親から生まれた人でも性格や見た目が違うように、固定種は種によって成長の速度や収穫を迎える時期が異なる。


このことはつまり、家庭菜園や自給自足目的ならばF1種よりも固定種のほうが向いているということになる。(野口氏も本書においてそう述べている)

※決してF1種が悪いと言う話ではない。F1種のおかげで大量生産・安定供給が可能になった。営利栽培を目的とする農家の場合は、土地を有効に管理する上では種まきから収穫までの期間が決まっているF1種のほうが都合がいい。ただ市場に出回っている野菜が、雑種共勢によって子孫を残せなくなった種から育っていること、工業製品のように同じ時期に植えられ収穫される野菜、どれも似通った形をしている野菜、と考えると果たしてこれは農作物なのだろうか、いや工業製品なのではないかとすら感じる。その上、F1種が一般化してきている一方で固定種が淘汰されている、つまり種の種類の総数が減っているという事実は看過できないように思う。

家庭菜園は主に自家消費を目的に行われるものだ。
固定種なら株によって成長速度が異なるので、収穫時期を分散させることができる。
必要な時に必要な分だけ収穫して食べる、という育て方が可能になるわけだ。

その上、一般的には成長期間が短いF1種よりも、時間をかけて成長する固定種の野菜のほうが栄養価が豊富であり、味が良い。(昔と比べ今の野菜は栄養がないという言説と関連がありそう・・・)
自分で野菜を作って食べるなら、必要な時に収穫ができて、栄養価が豊富な固定種の栽培に挑んでみるのもよかろう。

何世代も野菜の種を取って選抜して育てる、を繰り返してきた先人の努力。
育った地の環境に適応して独自の固定種へと変化していった野菜たちの生命の営み。
そんなことに思いをはせながら、固定種の野菜を北海道で育てることで、仙台長ナスのように新な独自の地方野菜が誕生するのを見届けるのも面白そうだ。

【朗報】
コロナの影響で閉鎖されていた市民農園が5/17から使用可能になった。
今年は固定種の種まきから自家採種まで挑戦する。
今回やってみたいのは、札幌黄八行トウモロコシ、早生大豊緑枝豆、黒種尺五寸いんげん、あたり。
noguchiseed.com


以下は技術的な話の整理。

F1種の作り方

・ナス科の野菜

除雄、すなわちおしべをとりのぞく。
めしべが受精可能になったときに、別の品種の花粉を自家受粉する
世界最古のF1野菜は1924年に作られた埼玉交配ナス

・ウリ科の野菜

イカなどのウリ科の野菜は雄花と雌花が別の花が咲く。
F1種を作る場合は、雄花をすべて取ったり、あらかじめ雄花が咲かないようにしたりする。
日本のスイカはもともと旭大和という縞がないスイカだったが、割れやすいという難点があった。一方、縞のあるスイカは皮が固く割れにくい。
縞のあるスイカと旭大和を掛け合わせ、割れにくく甘くておいしいスイカを生み出した。

アブラナ科の野菜

自家不和合性・・・アブラナ科特有の特性。他の株の花粉でないと種をつくることができない。(近親婚を避けるのに近い)
自家不和合性はつぼみの時点では働かない。
つぼみのときに無理やり開き、すでに成熟しているおしべの花粉をめしべにつける
すると、その株のクローンとなる種ができる。この種は自分の花粉で種を作ることができなくなる。
例)自家不和合性を利用して、カブと白菜をかけあわせたいとき
まず、自家不和合性を利用して自分の花粉で種を作れないカブと白菜の種を作る。
このカブの種と白菜の種を交互に蒔いて育てると、カブの花粉で種をつけた白菜と、白菜の花粉で種を付けたカブの種ができる。

ナス科やウリ科と比べると一株からとれる種の数が非常に少ない。
昔はいずれも手作業でしていたが、効率の観点から現在は二酸化炭素を利用した人工授粉をしている。

種をハウスにまく

二酸化炭素濃度を上げる

生理がくるって花がめしべに自分の花粉をつけてしまう

この時ミツバチをハウス内に放して受粉作業をさせる
ミツバチはヘモグロビンを持たないため二酸化炭素濃度が高くても活動できる

・雄性不稔

植物の葯に花粉を持たない花のこと(人でいうと男性不妊
ごくまれに発生することがある。
雄しべを除去する手間が省けるので、F1野菜を作る際に非常に重宝する

例)
雄性不稔の赤玉ねぎが見つかった。
赤玉ねぎは長持ちしないため、一般向けではない。
一般向けの雄性不稔の黄玉ねぎを作りたい。

雄性不稔の赤玉ねぎに黄玉ねぎの花粉を受粉させ、できた種をまく。
これを何年も繰り返すと、雄性不稔の黄玉ねぎの種ができる(バッククロス交配という)
これをもとに黄玉ねぎのF1種を作る。

トウモロコシの場合は雄花がでたら、刈り取る。
風媒花のため自然と交雑し、F1の種ができる。

F1種とミツバチの大量消失の関連性

アメリカで発生したミツバチの大量消失はF1種と関係があるのではないかという話。
戦術の通りF1の種を取る際には、ミツバチを大量に使う。
雄性不稔の蜜や花粉を餌に育ったミツバチに無精子症が発生したのが原因ではないかと著者は推測している。